海外を対象にしたseo対策とは?

世界中の人に情報を発信しようと思うなら、多言語ウェブサイトの作成が必要です。
多言語ウェブサイトとは、ボタンをクリックすると、簡単に言語が切りかえられるようになっているサイトで、大手企業のホームページならほとんどが対応しています。
そうなると、seoも日本だけではなく、海外向けのseoを考えなくてはいけません。

海外の検索エンジン事情は、日本国内とは全く違います。
日本ではヤフーのシェアが1位なのに対し、アメリカはグーグルが圧倒的に多いです。
また、中国なら百度、韓国ならNAVERとそれぞれの国で開発された検索エンジンもあり、他の国の検索エンジンシェア事情とは全く異なります。

ターゲットとする言語によって、対策をする検索エンジンも変えなくてはいけません。
その言語に合わせたseoを行わなくてはいけませんので、通常の国内向けの業者では
厳しいこともあるでしょう。
その場合は海外向けseoを得意とする業者を選別して、依頼するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です